口腔外科
顎・顔面の痛み、親知らず、できものなど、多岐に渡って診療いたします。

「口腔外科」とは文字通り、口腔(お口の中)の外科処置を行う科目です。 歯科医院では、虫歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中の様々な疾患に対応しています。「歯は痛くないけれど、口の中に違和感がある」「親知らずが気になる」「顎が開かない」という方は、ご相談ください。

口腔外科の診療内容

「口腔外科」とは、耳慣れない言葉かもしれませんが、下記のような様々な治療を行っております。

親知らずの抜歯

他の永久歯は通常13歳前後までに生え揃いますが、それからかなり遅れて、親知らずは20歳前後に生えてきます。綺麗に生えていれば無理に抜歯する必要はありませんが、まっすぐ生えることは珍しく、斜めに生えたり、真横に生えたりしてしまうことが多いです。傾いて生えた親知らずは、他の歯を圧迫して歯並びを乱したり、歯ブラシが届きにくく不潔になりやすかったりするなど、様々な悪影響をもたらします。

■ 親知らずの抜歯がすすめられる場合

1. 生え方には問題がないが、歯磨きが上手にできない
2. 歯の一部だけなど、中途半端な生え方をしている
3. 横向きに生えてきてしまっている
4. 治療前のレントゲン写真で問題が見つかった
5. 他の歯を圧迫し、歯並びを乱している

親知らずを抜歯しない方が良い場合

1. まっすぐ綺麗に生え、歯磨きが問題なくできる
2. 妊娠中・授乳中の方
3. 特段、悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

口を開けるとカクカク音が鳴る(顎関節症)

口を開けるときに痛みが伴う、口が開かなくなる、食事をする時に顎が鳴るという症状がある場合は、顎関節症かもしれません。原因も人によって異なり、歯ぎしり・頬杖・姿勢が悪い・精神的ストレスなど、様々な可能性が考えられます。
軽度であれば自然に治癒することもありますが、放置してしまうと、突然激痛が走ったり、肩こりや頭痛など全身の健康に影響したりします。悪化してしまう前にご相談ください。

歯ぎしり

軽度の歯ぎしり・噛みしめは、誰でもしていることです。しかし、重度の歯ぎしりは顎や歯に負担がかかってしまうだけでなく、肩こりや睡眠不足の原因にもなります。歯ぎしりは眠っている間や何かに夢中になっているときに無意識に行ってしまうので、気づきにくく、治りにくいです。家族から指摘された、顎が痛むなど、歯ぎしりかなと思う兆候があるようでしたら、早めに専門的な治療を受けましょう。

その他お口のトラブル

「口の中にできものがある」「よく口が渇く(ドライマウス)」「歯は痛くないけれど、何か違和感がある」そういったお口全般に関する疾患の治療も行っています。

当院で対応(治療)困難と思われる場合は
設備の整った高度医療機関(総合病院・大学病院)へ
紹介させていただきます。

このページの先頭へ
久島歯科のご案内
■診療内容:
  • ・一般歯科
  • ・小児歯科
  • ・歯科口腔外科
  •  
  • ・予防歯科(専門医による予防歯科専門外来)
  • ・訪問診療
  • ・インプラント
  • ・審美歯科
  • ・ホワイトニング
■診療時間:
診療時間
■休診日:
日曜、祝日
※水曜日は17:00まで
※土曜日は午前中のみ

お待たせすることをできるだけ少なくするため、「予約制」とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
■急患随時受付
■各種保険取り扱い
(保険以外の自由診療については、診療内容をしっかりご説明させていただきます。)
■アクセス:

〒 558-0054 
大阪市住吉区帝塚山東1-3-19
TEL:06-6671-2365

■電車
・阪堺電気軌道上町線「姫松駅」下車
   南へ徒歩2分
・南海高野線「帝塚山駅」下車
   徒歩約10分
■バス
・姫松バス停留所
■お車
・駐車場3台完備
・26号線 玉出交差点東へ
   姫松交差点南へ折れてすぐ
・13号線 泉-泉南線 播磨町を西へ
   姫松交差点南へ折れてすぐ